公益社団法人寒河江青年会議所 – 2017年度ホームページ 「情意投合」~心に響く情熱と共感をよびおこす運動を~

トピックス

「ツール・ド・さくらんぼ2017」事業報告

2017年06月26日

報告が大変遅れてしまいましたが6月10日(土)に「ツール・ド・さくらんぼ2017」がチェリーランド河川敷公園をスタート・ゴール会場とし開催されました。今回で5回目の開催となる「ツール・ド・さくらんぼ」は、西村山の風光明媚な景観や各エイドステーションでの特徴的な食べ物が好評で人気が高く、西村山観光振興に有効なイベントになっております。今年は4月に寒河江西村山の行政・各関係団体が、これまで以上に一体となり大会を盛り上げていかなければいけないという事で「ツール・ド・さくらんぼ実行委員会」を設立しました。

今年は募集人数をより多くの方々に寒河江西村山を体感していただきたいという事で、昨年の1200名から1500名に広げました。内訳としてはグランフォンドコース(120km)が600名、メディオフォンドコース(60km)が600名、そして新設コースとしてグランフォンドコースの葉山を除いたショートグランフォンドコース(100km)が300名となります。募集も一次(4月1日~)と二次(4月9日~)に約半数ずつ行い、一次に関しては14分、二次に関しては43分で定員に達し、年々注目度が増していっている大会なんだと実感させられ、同時に運営側としてはしっかりとした運営をしなければいけないと非常に身の引き締まる思いでした。

当日の朝はあいにくの天候で、実行委員会会長・実行委員長で協議した結果危険性が高いと判断し、全参加者がメディオフォンドコースを走ることに致しました。何よりも参加者皆様の安全が最優先と考えこのように対応をさせて頂きました。グランフォンドコース・ショートグランフォンドコースを楽しみにしていた参加者に対しては大変申し訳なく思いますが、沿道や各エイド・運営スタッフのおもてなしに関してはコース変更等関係なく体感できたのではないかと思います。

当日に至るまで多くのボランティアの皆様、大泉様・宮崎様をはじめとするサポートライダーの皆様にご協力いただきました。また、関係諸団体の皆様からも大会開催へ向けて様々なご協力・ご提案等を頂戴しました。当日は急なコース変更等ございましたが、変わりやすい天候の中で本部に帰ってくる多くの参加者の表情からは笑顔も見られました。この大会へご協力いただいた皆様の「人の魅力」と、各エイドや本部で提供された「食の魅力」が大会参加者へ十二分に伝わったのではないかと思います。この二つの魅力が「地域の魅力」となって県内外から参加してくださった方々へ伝わり発信されたものと思います。
最後に今大会にご協力していただきましたボランティアの皆様、サポートライダーの皆様、寒河江青年会議所OB先輩の皆様本当にありがとうございました。今後、この「ツール・ド・さくらんぼ2017」の検証をしっかりと行い、来年へ向けた引継ぎを抜けの無いように行って参ります。

地域連携会議 議長 大沼克也

お知らせ

2017年06月26日
「ツール・ド・さくらんぼ2017」事業報告
2017年04月27日
ダイバーシティ推進セミナーのご案内
2017年04月14日
50周年記念式典リハーサル(式典の部)
2017年04月04日
2月例会 雪灯篭でGO!!~雪を楽しむ、雪国のイルミネーション~ 事業報告
2017年04月04日
50周年記念式典プレスリリース原稿製作

新着ブログ

2017年05月15日
未来を切り拓く理事長サミット2017
2017年04月17日
ツール・ド・さくらんぼ実行委員会設立
2017年04月09日
ミスさくらんぼコンテスト2017
2017年03月16日
「2017年度OB会交歓会」と「3LOM合同例会」
2017年02月26日
会員会議所会議 IN寒河江

FACE BOOK