公益社団法人寒河江青年会議所 – 2017年度ホームページ 「情意投合」~心に響く情熱と共感をよびおこす運動を~

2017年度基本方針 青少年共育委員会委員長 遠藤豪

カテゴリ: 情報公開 投稿日:2017年1月11日

 

基本方針

青少年共育委員会委員長 遠藤 豪

 

 急速な時代の変化により、子供たちの遊び方も変わってきた昨今。また、情報収集が容易になったことで人との関わりが減り、自分さえ良ければよいという考えが他人への無関心や人間関係の希薄を助長します。経験から何かを学ぶことや他人のために何かをするという考えを持つことは大切なことです。大人たちと子供たちが共に学び成長を遂げられるように、責任世代である私たちが背中を見せ、地域社会全体で見つめ直すことが必要です。

 

 日本は春夏秋冬を感じることのできる国であり、東北山形においては、様々な自然や季節が体感できます。我々が住まう寒河江西村山の郷土を見つめ、四季折々の自然の中、子供たちの心豊かな成長を考えることが重要です。まずは、自然や歴史に触れ合うことで地域に興味を持たせ、郷土愛を生み出します。郷土愛が生まれることにより、子供たちは地域を大切に思うようになり、積極的に地域に関わるようになります。そして、子供たちを地域社会全体と育てることで、社会性や道徳心を持つ子供への成長へと繋がります。子供たちの心豊かな成長がまちを活性化させ、社会問題の解決の糸口になるためにも、大人たちと共に成長を遂げていけるようにします。また児童文化賞(SJC賞)に於いて、伝統文化の継承や他の模範となる子供たちを表彰することは、子供たちの自信や誇りに繋がるだけではなく、利他の精神を更に育むことになります。そして、寒河江西村山全体の子供たちに利他の精神を拡げられる共に、たくましくすこやかな子供への成長を遂げていくためにも、広域に発信し子供たちの未来への大きな励みとなれるように展開してまいります。

 

 子供のころの心に残る経験はいくつになっても忘れません。郷土愛を持ち、たくましく、未来を切り拓く心豊かな青年へと成長を遂げ、利他の精神溢れる善行や伝統文化を継承することが地域を活性させ、今後の明るい寒河江西村山の未来に繋がることを約束します。