公益社団法人寒河江青年会議所 – 2017年度ホームページ 「情意投合」~心に響く情熱と共感をよびおこす運動を~

2017年度基本方針 地域連携会議副議長 鈴木正人

カテゴリ: 情報公開 投稿日:2017年1月11日

 

基本方針

地域連携会議副議長 鈴木 正人

 

 青年会議所は、地域住民の先頭に立ち常に新しい軸となって情報を発信し行動してきたことで、私たちと地域との繋がりをより強固なものとし山形の魅力を全国へ発信するべく様々な事業に取り組んでまいりました。特に寒河江西村山の四季の変化によって様々な顔を見せる景色や食卓に彩りを与えてくれる食材、地域は違えども同じ目標を目指して協力し合える人々の豊かな心の魅力を私たちが地域の中心となり発信していくことが必要です。

 

 まずは、5回目を迎える「ツール・ド・さくらんぼ」を開催し、寒河江西村山に訪れる全国各地の人々から実際に体感してもらい地域をより魅力的に県内外に発信する為に、寒河江青年会議所内での方向性を共有し、情報整理や会員同士の連携を強化します。そして、主体移管の新たな組織体制にむけて、まず私たちが一致団結し会議所会員一人ひとりが当事者意識をもち、同じ目標に向かって行動していく事により会員同士の絆を深めます。また企画運営や意思決定の合意形成がスムーズに進むようにし、事故を無くしていく事で地域の安全性が高まり本事業の魅力をより発信できる運営を確立します。そして、参加する地域住民も私たちと共に行動し事業の魅力や楽しさを共有し合うことで新たな出会いや交流を生み出し地域同士の意識が高まる運動に繋げ、新たな地域の魅力が生まれる運動にします。また本事業を通して地域ブランドにさらに磨きをかけ、より魅力的にしていく為に私たちが地域の手本となる率先垂範を心掛けた行動をし、地域住民の心に響かせる熱い情熱をもって行動することで私たちと地域が共に成長していく積極的な運動を展開します。

 

 本年の「ツール・ド・さくらんぼ」は関わる全ての人が自発的な意思で行動し、多くの人と触れ合いを通じて、協力し合いながら人の心に響く情熱を呼び起こす運動となり、人と人、地域と地域同士の共感を生み出して、地域自身と我々の成長に繋がると確信します。