公益社団法人寒河江青年会議所 – 2017年度ホームページ 「情意投合」~心に響く情熱と共感をよびおこす運動を~

2017年度基本方針 共感育成室室長 犬飼秀幸

カテゴリ: 情報公開 投稿日:2017年1月11日

 

基本方針

共感育成室室長 犬飼 秀幸

 

 次代を担う子供たちは、明るい未来を切り拓く地域の宝です。私たちは地域のリーダーとしてお互いをおもいやり、明るい未来を築けるよう活動していかなければなりません。また、私たち青年が多くの市民の共感をよぶには、この四季折々の寒河江西村山を学び地域に関わる姿は、次代を担う子供たちに伝えて、私たち自身も過去の行動を振り返り寒河江西村山の魅力を再確認し、まちづくりの強化に向けて共鳴し育て上げる必要があります。

 

 まずは、私たち自身が責任世代として道徳心を持ち、未来を切り拓く子供たちに地域の魅力に触れ、地域社会が共有できる情報を理解することで、共に成長できる世代間を超えた人材の育成へとつなげます。そして、子供たちが寒河江西村山を知り、多様な価値観をもつ様々な人と意見を交わし、協力しながら一つのことをやり遂げる過程で、仲間や大人とのコミュニケーションの大切さを学んで頂きます。一人ではできないことも、助け合い支え合うことで達成できることを学びたくましく生き抜く力を醸成します。さらに、地域の未来に共鳴していく事業を展開していくために、情熱を持ち共感できるまちづくりの強化に向けた運動と、クリエイティブな思考で情報発信してまいります。地域の未来を考え、自発的な行動は希望と勇気と感謝の気持ちをもち、継続的に進めてまいります。難しいことを易しく、優しいことを深く、深いとこを面白く、私たち青年各々が責任と覚悟を持って、豊かな心とたくましい精神を子どもたちに伝え、その先に地域の宝である子どもたちが、将来の寒河江西村山を担うための『情熱と共感』を培える運動を展開していきます。

 

 未来を切り開く子どもたちは、郷土を愛し生きて いく為に大切なコミュニケーションから生まれる豊な心やたくましさを学ぶことができ、更に、共感を生みまちづくりの強化にむけ私たち青年と共に、寒河江西村山を明るい未来の創造につながるものと確信します。