公益社団法人寒河江青年会議所 – 2020年度ホームページ 「感気共勇」~感動を共に分かち合おう 勇気をもって地域の未来を創ろう~

公益担当財政局 財政局長 増川佳祐 基本方針

カテゴリ: 情報公開 投稿日:2016年1月1日

基本方針

公益社団法人寒河江青年会議所は、公益法人格を取得してから今年で4年目を迎えており、環境も年数を重ねるごとに変化が生じ、まちづくり運動をより進化し地域に信頼され期待に応えるには時代の変化へ柔軟に対応する組織運営が求められています。私たちは5年先、10年先の未来を見据えて寒河江青年会議所の運動の先にある地域のあるべき姿を常にイメージをしながらも、より地域に信頼されながら期待に応えていくことが必要です。
目的を達成するためにはリーダーが積極的に行動することに加え、明確で共感が得られる大きなビジョンを持つことと、そして明瞭な数字として会全体の会計管理を徹底して参ります。明るい未来を実現する組織を運営するために欠かすことができない数字の管理を正確に把握し、最適な計画を立てることで先を見据えた予算計画が実現します。また、会の運営する役割を果たすべく組織全体への広い視野を持ち続け、予算の管理を務めることで必要とされる予算執行を実行します。そして、会員の年会費や収益事業などの収入を把握することはもとより、公的財産を活かした確かな運営が重要です。組織として必要とされる管理費などの支出を改めて精査し組織としての適正化へ導くことで円滑な運営管理を図ります。私たちは公益法人格として継続するため、定款諸規程を十分に理解し、外部組織からの情報収集を積極的に行い続けてまいります。また、自治体などの補助金などの公的財源を有効的に運用する点や、運営の視点で行政との連携を密に行う事により、高い信頼が得られる組織として進化し、地域から求められる期待に応え継続を目指して参ります。
より進化し続けるまちづくり運動を下支えし、未来を見据えた視点を持ち判断力を高めた運営を目指して前へと進み続けることで、持続性の高い運営を会員一人ひとりが一体となり運動を続けることと、一層地域に信頼され期待に応える組織へ進化すると確信します。